harmonica-621257_1920

第11回アジア太平洋ハーモニカ大会に参加して 真田正二



2016年8月3日~8月7日に台湾新竹市で開かれた大会に参加してきました。
日本からの参加者はほとんどがシニア・クラスの人達で、見学だけの人を含めると70人以上の参加者がありました。アジア各国は若い人達が中心で、演奏技術も年々上がってきております。
コンテストは、なるべくたくさんの人に賞を取ってもらいたいとの趣旨で、次に示すように年齢、人数別にたくさんの部門に分かれています。
 ・複音独奏幼児組(6歳以下)
 ・複音独奏少年組(6歳~13歳)
 ・複音独奏青少年組(12歳~14歳)
 ・複音独奏青年組(15歳~19歳
 ・複音独奏公開組(年齢制限なし)
 ・複音独奏楽齢(シニア)組(60歳以上)
同様の分け方で
 ・クロマチック独奏
 ・10ホール独奏
 ・二重奏
 ・三重奏
 ・室内楽(4~6人)
 ・小合奏(7人~14人)
 ・大合奏(15人以上)
その他に
 ・創意(年齢制限なし)
日本からはほとんどがシニア部門と公開組での出場です。
最終日にコンテストの順位発表と表彰式が行われました。幸いにもクロマチック独奏 シニア部門で2位に入賞し、賞状、トロフィー、副賞の複音ハーモニカ2本セットを舞台上で受け取りました。初めてのトロフィーとなったので、素直に喜びを噛み締めています。
一方、日本からの受賞者は、複音シニア(1,2,3位独占)、クロマチック・シニア(1、2位)、二重奏シニア(1位)と非常に限られていました。色んな部門に出ているのになぜだろうと帰国してから表彰規定を読み直してみると、出場者が5組以上なければトロフィーの対象にはならないらしいことが読み取れました。また、成績表がネット上に出ているので分析すると、例えば室内楽シニアでは4組中3番目の成績でしたが、この規定により、成績表では1,2,3位がなくて4,5,6,7位と位置付けられていました。大合奏シニアもしかり。今後参加するにあたって心に留めておきたいですね。